Home > よくある質問

よくある質問

ご注文やお支払いについて

質問と回答

ハイドロキノンは肌に吸収されにくいと聞きますが本当?
典子先生の回答

ハイドロキノンは もともとは分子量が700ほどでかなりの低分子です。 ちなみに、ヒアルロン酸とかコラーゲンなどは、分子量が200,0000~300,0000あります。
「ハイドロキノンは肌に吸収されにくいため、吸収されやすいよう低分子化され...」と説明する商品も見受けられるようですが、もともと低分子のハイドロキノンを その商品ようにさらに低下させたら(?)ただの元素記号になってしまいます。

そもそも、化粧品に「吸収」という言葉は用いません。「吸収」とは 血液内もしくは真皮層の中にはいることです。それは 医薬品にしか使ってはいけない言葉です。
がんの治療や腹腔膜注射ができてSPG透過膜を通すのに、低分子化という言葉が医療の現場で使われ出しました。同時期に、このような表示をされる化粧品や健康食品がでてきましたが、肌にのせるだけ、胃で消化され、肝臓で解毒されるようなものに その言葉は、、、 薬剤師からすると、まったくの疑問形です。

他のハイドロキノン配合クリームと「SHINOぷりんせす」の違いは何ですか?
典子先生の回答

ハイドロキノンは、酸素・熱・紫外線に弱く、すぐ酸化してしまいます。劣力すると、茶色く変色して変質してしまい、効力は失なわれて肌荒れの原因となります。
SHINOぷりんせすは、新型ハイドロキノンといって、分子錯体化したハイドロキノンを使用しているので、常温での長期保存が可能になりました。又、化粧品などは全成分表示で、配合量率の多い方から記載するというルールがあります。成分表示の一番に"水"、又はハイドロキノンの表示の前に"水"の記載のあるものは、既にハイドロキノンの2本の手が水の中の酸素と結びついている可能性があります。SHINOぷりんせすは、水を1滴も添加していませんので変質(酸化)しにくい上に美容成分を凝縮しています。

ハイドロキノン配合「SHINOぷりんせす」と手持ちの化粧品と併用して使っても大丈夫ですか?
典子先生の回答

はい、大丈夫ですよ。
はじめの1週間は化粧水の後に、その後は洗顔後に直接ハイドロキノンを塗布後、お手持ちの化粧品を通常通りお使いくださいね。

ハイドロキノン配合「SHINOぷりんせす」の取り扱い方法の注意点を教えてください。
典子先生の回答

常温保存が可能ですが、直射日光や高温多湿な場所は当然、化粧品なので避けて下さいね。旅行や、スパ、フィットネスの後など、いつでも洗顔後の肌にお使い下さいネ。

お肌の悩みやお手入れの仕方を相談したいのですが。
典子先生の回答

はい、ぜひご相談ください。
店頭ではスキンアナライザーマイクロスコープを見て、直接、自分の肌事情を知っていただくことができます。お近くの方はぜひ一度ご来店ください。

紫外線をカットする効果はありますか?
典子先生の回答

ハイドロキノンには紫外線をカットする力はありません。必ず、紫外線カット能力のある化粧下地や日焼け止め等を併用して下さい。

髭剃りでつぶしたニキビの後が、黒ずんできたのですがハイドロキノンを使用しても大丈夫でしょうか?
典子先生の回答

はい、大丈夫です。
ニキビを潰した跡は怪我をしているのと同じで、メラニンを生成してお肌を守ろうとします。特に髭剃りの刺激はほとんど毎日・・・ただし傷口がふさがっていない間の使用はお控えください。
最近男性からの問い合わせも結構増えてきてるんです。やっぱり男の人も身だしなみに気をつけないとね。

ハイドロキノン配合「SHINOぷりんせす」使用後、肌に違和感を感じたら?
典子先生の回答

1週間は化粧水の後に、その後は洗顔後、タオル等で余分な水分を取り除きお使い下さい。それでもヒリヒリしたら、すぐに使用を止めて、皮膚科又は当薬局シノダ薬局にご相談下さい。尚、キズや赤みのある湿疹、にきびのあるところには使用を控えて下さいネ。

送料について お支払方法について
送料について
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31